心を高める、経営を伸ばす

KONEN corporation.のブログ

盛和塾例会

昨日は盛和塾大分第244回の例会でした。

 

毎月1度、ソウルメイトの皆さまと一緒に

フィロソフィを学ぶ場です。

 

日々の仕事に取り組む中で、少し弱った

自分の心根をしゃきっとフル充電させて

いただける場です。

 

昨晩のテーマは高収益企業である必要性について、

稲盛和夫塾長の2014年当時の講演DVDを拝聴

しました。

 

税引前利益率で最低でも10%はなくてはいけない。

創意工夫の連続で利益率を高めていこう。

 

メーカーの方々に向け、塾長が心高まるメッセージをお送りしていました。

 

「人間の労働とは、もっと価値のあるものであるはずだ」

「それだけの価値を社会に生み出しているはずである」

 

また、高収益に慣れないのは、経営者が描く心が原因だともおっしゃっています。

 

「10%は厳しい」「それは無茶だ」と思っていれば、心はそれを現実に現す。だからこそ「できる」「実現する」「やってみる」という積極的な心で経営にあたろうと。

 

税金を治めたくないから節税対策として賞与を出したり、経費を使ったりとしていることは、翻って売上を伸ばしたくないという気持ちにもつながるため、成長を阻害する危険な要因だともおっしゃっています。

 

しっかり稼いで、しっかり納税する。このスタンスがひいては日本を強くする。

 

___________

 

 

本当に力強いメッセージを発しておられ、画面越しにも熱をエネルギーを存分に感じました。

 

経営の、人生の、難局に立ち向かうエネルギー!!をいただきました。

 

 

今日は佐伯の同志と大分でトークセッション。

楽しみで仕方ありません。

 

心を高める経営を伸ばす

心を高める経営を伸ばす

 

かの二宮尊徳上杉鷹山も地域を改革するに
あたっては人心を荒廃から救い出すことを先
ず行ったそうです。

 

そして、心を高めつつ、収入、支出を整理し、
分度をわきまえた生活、事業をするように
説いています。

 

時代、フィールドは変われど、
この考えは変わらないと思います。

 

佐伯においても、人口減少、少子高齢・・・
様々な時代の波に直面していますが、結局
僕たちにできることは、

 

 

心を高めながら、経営を伸ばしていく

 

 

事なんだと思います。

 

人口が減る以上に、税収を上げる。市としての歳入を
増やす。そのために所得を増やし、税金をなるべく多く

納める努力をする。

 

商売人としてのプライドをかけて、経営者自身の
所得増はもちろん、従業員のみなさんの所得増にも
貢献する。

 

お金の面だけでなく、心の面での成長も促しながら、

心を高め、経営を伸ばしていく。

 

そのお手伝いができるKONEN corporation.であり、
浅利善然でありたい。

 

 

一燈照隅project file08,09,10

佐伯の若者が一生懸命に生きる姿、声、思い

を周りの方にも伝播させながら、佐伯の若者

の勢いやエネルギーをもっと発信、発散させたい

 

という思いから、一燈照隅projectというものを

企画しています。

 

今回で8~10人目となりますが、どの会も

素晴らしいゲストの方にお越しいただいて、

それぞれに掲げる一燈を多くの方にシェア

いただいています。

 

f:id:konencorporation-2013:20170525163814p:plain 

 

今回は、女性3名をゲストに、初めての試みを

計画中です。

 

会場はcoffeeへのアツい思いを持ったマスター:内田豪のいる

 

coffee5

www.pr-table.com

 

 

この場所が、佐伯の若者を引き付け、お互いの

エネルギーを高め合うためのアンプの様な役割

をしてくれています。

 

珈琲のチカラを信じて突き進む彼もまた、

燈火を掲げ、一隅を照らし続けるアツイ佐伯の若者

です。

 

 

一燈照隅イベントは今週土曜、

5月27日に開催予定。

 

お時間許す方はぜひ、素敵なトーク

美味しいコーヒーをお楽しみに

お越しください。

 

Don't Miss It!

商売人の燃え上がる情熱で 佐伯まちゼミ

昨年2月に実施した佐伯まちゼミから早半年。

8月に第2回まちゼミ実施の手配がほぼ整った。

 

5月末の参加店締切を以って2代目のまちゼミメンバーが

決まる。

 

初代メンバーから新規に数名の仲間が増えそうなので

安心と同時に、新しい仲間のみなさんにもしっかり楽

しんでいただくなかで成果をかんじていただけるように

組み立てていかなければならない責任感を感じています。

 

佐伯まちゼミ集合広告向けの写真撮影会

f:id:konencorporation-2013:20170517113548j:plain

 

早朝からの撮影会にも関わらず、30名弱の仲間が集まって

くれました。

 

それぞれに佐伯で生き、商売に情熱を注ぎ、このまちの為に

という思いを掲げて走り続けている方たちばかりです。

 

この日の夜には、実際にどんなゼミを実施するかを

検討する会を持ちました。

 

平日のお忙しい中、こちらも30名弱のご参加を

いただきました。

 

ゼミ内容決めワークショップの様子

f:id:konencorporation-2013:20170517113623j:plain

 

 

 

一人で悩んでいるよりも、仲間と議論し合いながら

導き出す答えには新しい気付きがいくつかありました。

 

ゼミ主催者の視点での意見、参加者の視点での意見、

複数の視点からの意見は参考になるものが多くありました。

 

f:id:konencorporation-2013:20170517113653j:plain

 

仕事が終わった後もこうして集い、真剣に議論する

真面目な仲間が増えているのは本当にうれしいです。

 

この後のコンパでも多くの議論が交わされて

いました。

 

第2回佐伯まちゼミも成功すること間違いないです。

 

人と人との繋がりを作りながら、

その情熱でお互いの商売を、命を、魂を

輝かせ合う。そんな集団になっていけそうな予感です。

 

まだまだこれから。

稲盛さんが経営の要諦を12か条にまとめたものがあります。

 

経営12か条
http://www.kyocera.co.jp/inamori/management/twelve.html

 

この経営12か条の第一番目には『1.事業の目的、意義を明確にする~公明正大で大義名分のある高い目的を立てる』と書かれています。

 

改めてなぜ、なんのために事業、商売をおこなっているのか・・・もっと明確な目的・意義を打ち立てないといかんです。

 

経営会議、フィロソフィーの共有

毎月経営者仲間での経営会議を実践中です。

今月で3回目となりますが、先月から京セラ

フィロソフィーの輪読も実践し始めました。

 

始めは受け入れられるか不安もありましたが、

稲盛塾長の魂の言葉は経営者の胸に熱く刺さる

ようでした。

 

f:id:konencorporation-2013:20160120093613j:plain

 

今月は12日に経営会議とフィロソフィの輪読を

実践予定。心を高めること、経営を伸ばすこと、

この両輪をフル回転させながら自分自身が生き

ている意味、「我とは何ぞや」「運命とは」

という問いを明らかにしていきたいと思います。

 

数字だけでは語りつくせない経営の醍醐味は、

やはり人生をいかに生きるかに直結している

からだと感じます。

 

どれだけ人生に真剣になれるかとは、

どれだけ経営に真剣になれるかと同義語

だと稲盛さんも語られていらっしゃいました。

 

真面目にど真剣に経営に人生に向き合います。

一燈照隅

情熱を掲げながら、四苦八苦しながら、佐伯のまちで生きている方々がいます。自分の信じる道を突き進む熱量はそれを感じた誰かに勇気を与え、一歩を踏み出すきっかけになると信じています。

 

佐伯でチャレンジし続ける方々のその熱源をほんの少しだけでも感じることで、今起きている様々なチャレンジをより大きな燈火に変えていきたい。

 

小さなチャレンジの連続でしか、大きな成果は得られないので、一つ一つの思いが重なり合い、共鳴し合うことでまちを動かす大きなエネルギーに変えていこう。

 

 

一燈照隅PJTの背景にはこうした目的があります。

 

次回4月23日㈰で7人目のスピーカーとのトークセッション。今回も自分の道を突き進もうと努力を続ける方がゲストに来てくださいます。

 

このアクションが、どんな成果を未来に導いてくれるのか、、、今はまだ見えませんが、いつか大きな成果となって佐伯のまちに、話をしてくれたみなさんの事業に降り注ぐ日が来ると信じて。

 

様々な角度からゲストの人生や信念をひも解いていきたいと思います。

 

_______________________

 

 

一燈照隅Project file07

 2017年4月23日 日曜日

 @ coffee5 (佐伯市堅田

 08:45 開場 09:00 スタート 10:30 終了

 

ゲスト: coming soon

 

_______________________