心を高める、経営を伸ばす

KONEN corporation.のブログ

経営コンサルタントが企業を滅ぼす...

衝撃的なタイトルの記事がありました。

 

経営コンサルタントが企業を滅ぼす」

biz-journal.jp

 

コンサルタントはその事例を素晴らしい理論として持ち上げ、法外なコンサルティング料で売り込み続けている

 

コンサルタントのせいで会社がつぶれた例はいくつもある。」

 

 

我が身をつねって人の痛みを知れ。ですね。

この記事を拝見して、 松下幸之助さんの「事業は人なり」の言葉を思い出しました。事例を当てはめれば上手くいくというのは人を見ていないからなのかもしれません。

 

現場で働く人がいてこそ、事業が走っていられるということを肝に銘じて経営コンサルタント道を究めていこうと思います。

 

こちらの書籍も拝見しようと思います。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

 

 

人類、社会の進歩発展に貢献する

稲盛塾長が掲げた京セラの経営理念の一文に、

「人類、社会の進歩発展に貢献する」

という一文があります。

 

恐れながらKONEN corporation.も、ふるさと佐伯のために、もっと大きく、大分県、日本、世界、人類の進歩発展ために貢献できる会社でありたいと強く願っています。

 

その手段、方法はお仕事をいただく企業の経営者様、またその従業員、家族の物心両面の幸福を追求することだと考えています。

 

経営を伸ばすこと、と同時に、心を高めることで人生を好転させる。生きる原動力を高めるお手伝いをさせていただく。

 

そのためには自分自身をもっと成長させなければいけません。謙虚に謙虚に、、、ともすれば鼻が高くなってしまう邪心を捨てて、何事にも驕らずに真面目で素直に生きていきたいです。

 

 

#心だに誠の道に叶いなば祈らずとても神や守らん

#古の道を聞いても唱えても我が行いにせずば甲斐なし

 

地方で経営コンサルタントとして生きる理由①

故郷である大分県佐伯市に帰って来たのが2010年、

26歳の頃でした。

 

自分の中のイメージでは、もう少し外の世界で実績を

積んで、経験を蓄えてから故郷に戻ろうと考えていました。

 

26歳の自分に出来る事というものが少な過ぎて、

何の役にも立てないのでは…という不安がありました。

 

実績も無いのに帰って来た負け犬か?というような目線への

恥じらいもあり。。。

 

故郷に戻ることを決意した頃、当時は東京武蔵野病院という

精神科の病棟で看護補助の仕事をしていました。

 

私は小学校の頃からか、それ以前からか

記憶がある頃には『いかに生きるか』や

『与えられた命をどう輝かすか』という問いに対して

思考を重ねるような心癖の持ち主でした。(両親からの影響)

 

社会人一年目の営業時代も、病院での看護補助時代も、

ことあるごとにこのようなテーマを考えて仕事をしていました。

 

病院でのお仕事も充実していましたし、お給料も少なくない

額をいただいていましたが、このまま目の前の患者さん達の

人生に寄り添って生きていくことが人間浅利善然の生きる道

なのか…と考えるようになり、この場所こそがら自分に与え

られた天命の場所だ!!とは言えず、次のステップを考える

ようになりました。

 

次のステップを選ぶ中で、大事にしていた軸は、『生きる

原動力を与えられる仕事』『人のために尽くせる仕事』

『感動を与えられる仕事』と言ったことでした。

 

この軸に照らして自分自身の経験を考えた時、サッカーと

お祭りに対しての興味が強く、この道で仕事に就くことが

できないか模索していました。

 

私はサッカーが大好きで、その理由としては何万人といる

観客が一瞬で最大限感動できるゴールの瞬間の熱量、そして

大の大人が一つのボールを必死に繋いで目的のためにがむし

ゃらに戦う姿勢に憧れているからです。

 

サッカーの仕事と言って想像できたのは、地元大分の愛すべき

チーム、大分トリニータの事でしたので、地元の友人のつてを

頼りに大分トリニータの方にアプローチし、転職希望の

旨をお伝えした事もありました。

 

また、お祭りが好きな理由として、地元への愛が爆発する

場所であり、老若男女を問わずみんなが楽しめる場所、

そして何より『故郷への誇りと愛着』を持った人間の強さを

過去の経験から感じていたことが何よりの理由かもしれませ

ん。

 

いわゆる地域おこし、まちづくりの仕事をしてみようと、

区役所や東京商工会議所への転職を考えた時期もありました。

 

 

 

このようなアプローチで転職活動を進める内に大学卒業後、

社会人三年が過ぎて早くも故郷に戻ることになった訳ですが、

 

 

ここから先の事については、また改めて。__

プリミティブな真理を正しく考え実践する

心をベースに経営を進めると稲盛塾長もおっしゃっていますが、これがシンプルでありながらなかなか実践することが難しいものでもあります。

 

「人間として正しいことを正しいままに貫く」このプリミティブな原則は、自分自身が小さいころにおじいちゃんやおばあちゃん、学校の先生にしつこく叱られ続けたことに似ていると塾長はおっしゃっています。

 


嘘はつかない、正々堂々と生きる、他人の迷惑にならない、人のために尽くす、世のために役立つ人物になる、、、など一見すると経営や人生において大きな役割を果たさない常識の様に感じてしまいがちですが、下記の書籍でとても興味深い内容が書かれていました。

 

≫ あくまで正しいことをやっていく、考えていくことは、しばしば自己犠牲を強いられたり、禁欲的に何かを我慢したりとマイナスな面ばかりをとらえがちですが、長期的な目で見ればずっと効率が良く、最終的には自分にもプラスになります。

本質を見抜く「考え方」

本質を見抜く「考え方」

 

 

プリミティブな教えというのは、おそらく何千年も昔から人間が人間として尊厳を守りながら生きていくうえで編み出されてきた真理哲学の様なものだと思います。

 

このようなプリミティブな真理を正しく考え実践することは効率が良いということですが、私自身も非常に共感をしました。

 

 

経営において、人間として正しいことを正しいままに貫くのももちろん大切ですが、そういう「生き方」を目指したいとも思います。せっかくこの世に生まれ、生きていく以上はこの命を磨き、魂を高めて次の生へとバトンタッチしたい!


経営を通して、人生を通して、自分自身が大切だと思える哲学を具現化していくことで経営も人生も上向いていくと信じたいですし、成功者の多くもそうして生きてきたと語っています。

 

清く正しく美しく、、、「真・善・美」を経営においても、人生においても追及していきたいと思います。

2018年、初心に返る

2018年がスタートしました。

佐伯にUターンしたのが2010年。

KONEN co.を立ち上げたのが2013年。

 

様々な思いを胸に、帰郷し、独立し、2018年まで歩みを進めてきました。

www.pr-table.com

 

経営コンサルタントとして、数字を軸にしたコンサル業を行ってきましたが、今年は数字を追い求めると同時に、経営者の持つ哲学・フィロソフィーを従業員の方々にお伝えする「心に重きを置いた」活動も展開していく予定です。

 

この書籍にも書かれていますが、数字での管理だけでなく、心、フィロソフィといった角度からの切り口が今後重要な役割を持ってくると書いています。

 

 

 

これは、現代に限ったことではなく、渋沢栄一論語と算盤にも書かれていますし、

 

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)

 

 

過去の偉人たちが同様に学んできた四書五経 にも書かれていることです。

 

もちろん、師と仰ぐ稲盛塾長の書籍にも「心」に関することがたくさんちりばめられています。

 

 

心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために(PHP文庫)

心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために(PHP文庫)

 

 

 

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

 

 

 

燃える闘魂

燃える闘魂

 

 

 

京セラフィロソフィ

京セラフィロソフィ

 

 

 

 

数字と心とを経営の両輪とし、これを追い求めることで、経営者、従業員、家族、地域社会の物心両面の幸福を実現するお手伝いをさせていただけるKONEN corporation.であるように。

 

今年も一年精進していきたいと思います。

 

最後に、2018年のテーマは【 謙虚にして驕らず、さらに努力を。 】とし、今年一年間も目一杯、駆け抜けていきます。

 

 

 

 

数字で攻める

本日はものづくり補助金の申請でお世話になったY社長と実績報告書作りでした。

 

申請書類の内容を数字で報告していくという作業を行いましたが、これが楽しいといったらありませんでした。

 

作業内容を写真に治めさていただきながら、色々とヒアリングを重ね、報告書用の数字の根拠を見出していく・・・会社の数字を顕かにし、成長のヒントを探るような作業がやはり大好きです。

 

数字を根拠に、攻める。この姿勢を忘れずにいたいと思います。

 

お昼はK社長にごちそうになりました。

ご馳走様でした!!

大集合イベント無事終了

天時不如地利。地利不如人和。 孟子

 

「天の時は地の利に如かず。

 地の利は人の和に如かず。」


何かを達成しようとする時、
何かに挑戦しようとする時、

天の時を得ていても、

地の利がなければ
成就することはできない。

また、地の利を得ていても、

人の和がなければ、
成就することはできない。


天の時よりも地の利。

地の利よりも、人の和。

人の和こそが、大切であると
孟子は言っています。

島津義久も、西郷隆盛
同じように伝えているそうです。


最も大切なのは、
人間そのものの繋がり、団結、協力。

改めて人の和を高める機会を作ろうと、
去る11月11日に大集合イベントなるものを

実施しました。

 

f:id:konencorporation-2013:20171114161528j:plain

___________

2017年11月11日土曜日
大集合パーティー@coffee5

___________



佐伯や大分市から、男女40名強が参加してくださいました。

経営者からサラリーマン、行政職員、イベンター、様々な

方が交流しながら会場のエネルギーを高めてくださいました。

 

f:id:konencorporation-2013:20171114161716j:plain

 

 

人の和があれば、天の利、地の利に屈することはないと考えると、

佐伯市は、天の利においては人口減少、高齢化、人口流出・・・とんでもない状況にさらされていると言っても過言ではないと思いますし、地の利においては、都市圏からも離れ、空港からも遠い位置にあり、ズバリ地方!という有様です。

 

ですが、どんなに優れたタイミング、場所に合っても人の和が無ければ勝機を掴むことはないんです。天の利、地の利に見放されていたとしても、人の和だけはしっかりと捕まえていたい。

 

今回のイベントでもしっかりと人の和が高まっていたように感じます。

 

f:id:konencorporation-2013:20171114162019j:plain

 

 

この動きがいつか大きな成果に繋がると信じて。。。

#積小為大

 

またやりましょう!!

f:id:konencorporation-2013:20171114162013j:plain