心を高める、経営を伸ばす

KONEN corporation.のブログ

ものごとをシンプルにとらえる

お題「今、心に刺さる京セラフィロソフィ」

 

京セラフィロソフィの最後に、「ものごとをシンプルにとらえる p599」という項目があります。

 

私たちは、ともするとものごとを複雑に考えてしまう傾向があり、自分自身で迷いの中に入り込んでいる状況を作り出してさえいるのかもしれません。

 

「ものごとの本質をとらえるためには、実は複雑な現象をシンプルにとらえなおすことが必要」だと稲盛塾長が説いていらっしゃいます。

 

「事象は単純にすればするほど本来の姿、すなわち真理に近づいていきます。」

 

稲盛塾長は経営者として、経営をシンプルに突き詰め、真理を掴んだからこそ京セラをはじめ、KDDIの立上げ、日本航空の再建など大事業を為し得たのだと思います。

 

はたけは違いますが、個人的に大好きなザ・クロマニヨンズさんも非常にシンプルな考え方を持たれています。

 

インタビュー記事などを拝見すると哲学的な、宗教観のあるような内容に感じます。私の中では、選ぶ言葉やテーマこそ違えど、稲盛塾長のおっしゃること、甲本ヒロトさんの伝えようとすることの本質はどこか似たものであるように感じます。

 

natalie.mu

 

 

「心を静めれば物事の神髄が見えてくる」と稲盛塾長もおっしゃている通り、あまり難しく、複雑に考えすぎると煮詰まってしまい、息苦しくなるので、シンプルに、シンプルに、真理や本質を掴めるように思考を巡らせていこうと思います。

 

 会社でも、経済界でも、また政治の世界でも、リーダーとなれる人は皆、物事をシンプルにとらえる才能を先天的に持っている人だと思います。また、そうでなければリーダーになれないと私は考えます。 ...京セラフィロソフィ p605

 

 

売上を最大に、経費を最小に

稲盛塾長曰く

 

「売上が減ったから利益が出ませんでした」ということが無いように、売上が減ったなら減ったなりに利益を残すような経営をしなければならない。無駄を省き、筋肉質な経営を行いながら、きれいな数字に綴られた損益計算書を“作る”努力をしなければいけない。

 

なかなかどうして、売上が減少すれば、それに準じて利益が・・・となりがちですが、売上が減少しても利益を残せる仕組み、体制を構築することが私の役目、責任だと感じています。

 

きれいな数字の綴られた損益計算書を作ることを目指し、日々の収支に徹底的に向き合っていこうと思います。

 

少しずつですが、損益の作り方のコツのようなものが見え始めた気がします。ここに軸足を置いて、深堀し、自分自身の守備範囲だと定め、誰にも負けない努力をしてみようと思います。

 

数字に関して、絶対に妥協しない。

そういう役目を負っていこうと思います。

 

目指せ税引前利益10%。いや、20%!

目指せ成長企業。いや、例外的成長企業!

 

 

数字というものを目の前にしたとき、経営者は自分自身に対して 絶対に言い訳ができないものなのです。

京セラフィロソフィ: 日々採算をつくる ~今日心に刺さった言葉 - 心を高める、経営を伸ばす

 

10年前と今のギャップ

facebookで日本代表の長友佑人さんが

10年前の自分と、今の自分の対比を投稿していました。

 

www.facebook.com

 

サッカー選手として、世界トップレベルで活躍

する今、10年前はベンチにすら入れずにスタンドで

太鼓を叩きながら応援していたあの時。

 

そのギャップは目が眩むほどのものがあります。

 

 

振り返って自分自身の10年を考えてみると、

10年前の2007年は23歳。

新卒1年目、レイス株式会社 で悪戦苦闘の日々でした。

 

10年後の2017年現在は、KONEN co.の代表として

小さいながらも経営コンサルタント会社を経営。

 

実家の 糀屋本店  や、クライアント企業の成長

発展のために尽力し、佐伯のまちに対してまち

ゼミや一燈照隅プロジェクトなどでチャレンジ

し続けています。

 

 

長友選手ほどの鮮烈なギャップは無いにしても、

あの頃の自分には想像できない仕事やプロジェクト

に挑んでいると思います。

 

長友選手も投稿の結びに書いている通り、
 

「 自分自身の努力を続けていく。 」

 

この言葉を自分自身も貫きたい。

自分自身に与えられた役割を自覚し、

役割を果たすために努力を続ける・・・

 

その先には素晴らしい未来が待っていると信じて。

 

 

まだまだ努力が足りないですね。

精進。

汗をかく

月に数回、フットサルを行っています。

 

汗をかくことでリフレッシュされ、

心も体も軽くなります。

 

今日はフットサルの日

 

汗をかき、リフレッシュしてこようと思います。

 

今日のテーマは

 声だしでチームを鼓舞する

 丁寧にプレイする

  目線を上げて全体を見渡す

 力を抜き手は抜かない

 

走ってきます!!

11月7日は第3回まちゼミキックオフ

商売人の連携を深め、

地域の経済を循環させる。

 

佐伯まちゼミを通して、商売人同士の連携をより深めながら地域経済を循環させたいと狙っています。

 

もちろん、各ゼミにお客様として参加されるみなさんの幸福度、満足度も追及していきます!

 

地の利、天の利よりも人の和。・・・孟子

人心が荒廃していては村の再興どころではない。・・・二宮尊徳

 

まちゼミではこの2つが大きな目的、キーワードになりそうな気がします。同じエリア、地域に住んでいてもなかなか顔を合わせ、一緒に物事を進めたり考えたりする機会はそう多くないのが現実だったりします。

 

人の和、特に商売人同士の和を高めながら、地域経済に一つのインパクトを与えていけるように雰囲気を作っていきたいです。

 

少しずつ認知も高まりつつあり、斜め上からの連携のご相談などもいただき、益々おもしろく!なっていきそうな佐伯まちゼミです。

 

 

さて、佐伯まちゼミに興味のある方、なにかやってみようか、どんなことをしたらいい?、私にできることって・・・などなど何かアクションを起こしてみたいとお考えの方には、ぜひ11月7日のキックオフ会にご参加いただきたいものです。

 

積小為大。この小さな一歩の積み重ねが佐伯の明るい未来を作っていると信じて。

 

___________

 

 

【第3回佐伯まちゼミ開催に向けたキックオフ会】

日時:平成29年11月7日(火) 18:00(又は19:00)~21:00
場所:佐伯商工会議所3階 研修室
備考:キックオフ会終了後は、講師の方も含めた懇親会を行う予定です(会費3,000~4,000円程)

※開始時間については現在講師の方と調整中です。決まり次第改めてお知らせいたします。

役割と守備範囲

日本代表がワールドカップ出場を決め、本選に向けて様々なテストを実施しています。

 

来月には欧州遠征でベルギーやブラジルと言った強豪国との対戦が控えているようです。サッカー好きにはたまらないですね。

 

サッカーにおいて、与えられる役割を果たすことは勝利するための至上命題です。攻撃面での役割、守備面での役割を考えながらプレーする必要があります。

 

人生においても同じことが言えるのかもしれないと最近考えていて、特に守備範囲について考えるようになりました。

 

フォワードの選手がゴール前まで戻って守備をすることも大事ですが、守備範囲を広げ過ぎた結果体力を消耗し、大事な場面で攻撃に参加できない・・・となると本末転倒です。

 

人生や仕事に於いても、自分が責任を負うべき事柄、見送る仕事など様々な決断を迫られます。

 

「若い内は買ってでも苦労をしろ」という言葉が私は好きですが、本業や自身の役割を全うできないままに守備範囲を広げても迷惑をかけてしまいます。

 

このバランスが難しいですね。

 

 

やりたいこと、やれること、やるべきこと、やらなければいけないこと、、、色々なボールが、パスが飛び交う中で自分自身が受け取るべきボール、パスはどれかしっかり判断する千里眼を鍛える必要があります。

 

人生や仕事における役割と守備範囲、、、少し冷静に考えてみたいです。

 

稲盛塾長からは、そんな理屈をこねずに我武者羅に働け!!と喝を入れられそうですが、、、!

一燈照隅@薬師寺和夫

去る10月6日に第10回目の一燈照隅が開催されました。

 

15人目となったゲストは30年来窯業に携わっていらっしゃる薬師寺和夫さんでした。

 

薬師寺さん作品f:id:konencorporation-2013:20171010120731j:plain

 

 

30年前、窯業を志した19歳の頃から、

50歳を迎える現在に至るまでの時間軸を

ご紹介いただきながら、

 

その当時悩んでいたこと、考えていたことと

50歳になった今考えていること、心の置き方など

お話しいただきました。

 

個人的に心に響いたのは、30代はパワーがあり、

やりたいことも、できることもたくさんあって、

その分悩むことも多かったという薬師寺さんが

50歳を迎える今の心境。

 

「50歳になると、ご飯もお酒も仕事もたくさん量を取ることができくなるけど、その分自分に必要なものやことが見えてきたり、感じることができるようになる。仕事についてもやるべきことが掴めてきて、より本質的なものを追い求められるようになった」

 

ということをおっしゃっていた。

 

f:id:konencorporation-2013:20171010120715j:plain

 

私は今33歳。薬師寺さんがおっしゃる通り、人生について、生き方について悩むことが多い。それも一つの成長過程で、50歳になった時にまた新しい局面に辿り着けるんだろうというある種の安心感を得られた気がしました。

 

 

この日は薬師寺さんの作品に囲まれ、coffee5さんも特別に薬師寺さんの作品での珈琲提供。参加者の皆さんも薬師寺さんの作品に触れながらのトークセッション、満足いただけたかと思います。

 

ご来場の皆さん、本当にありがとうございました。

 

(20年以上薬師寺さんの作品と共に生活されている方や、10年以上前からアクセサリや器を愛用していらっしゃる方など、多くの方がお越し下さっていました。)

 

現在薬師寺さんは~10月22日までcoffee5にて個展を開催中ですので、この機会にぜひ手に取って心で感じてみてください。

 

 

f:id:konencorporation-2013:20171010121640j:plain