心を高める、経営を伸ばす

KONEN corporation.のブログ

ものごとをシンプルにとらえる

お題「今、心に刺さる京セラフィロソフィ」 京セラフィロソフィの最後に、「ものごとをシンプルにとらえる p599」という項目があります。 私たちは、ともするとものごとを複雑に考えてしまう傾向があり、自分自身で迷いの中に入り込んでいる状況を作り出して…

売上を最大に、経費を最小に

稲盛塾長曰く 「売上が減ったから利益が出ませんでした」ということが無いように、売上が減ったなら減ったなりに利益を残すような経営をしなければならない。無駄を省き、筋肉質な経営を行いながら、きれいな数字に綴られた損益計算書を“作る”努力をしなけれ…

10年前と今のギャップ

facebookで日本代表の長友佑人さんが 10年前の自分と、今の自分の対比を投稿していました。 www.facebook.com サッカー選手として、世界トップレベルで活躍 する今、10年前はベンチにすら入れずにスタンドで 太鼓を叩きながら応援していたあの時。 そのギャ…

汗をかく

月に数回、フットサルを行っています。 汗をかくことでリフレッシュされ、 心も体も軽くなります。 今日はフットサルの日。 汗をかき、リフレッシュしてこようと思います。 今日のテーマは 声だしでチームを鼓舞する 丁寧にプレイする 目線を上げて全体を見…

11月7日は第3回まちゼミキックオフ

商売人の連携を深め、 地域の経済を循環させる。 佐伯まちゼミを通して、商売人同士の連携をより深めながら地域経済を循環させたいと狙っています。 もちろん、各ゼミにお客様として参加されるみなさんの幸福度、満足度も追及していきます! 地の利、天の利…

役割と守備範囲

日本代表がワールドカップ出場を決め、本選に向けて様々なテストを実施しています。 来月には欧州遠征でベルギーやブラジルと言った強豪国との対戦が控えているようです。サッカー好きにはたまらないですね。 サッカーにおいて、与えられる役割を果たすこと…

一燈照隅@薬師寺和夫

去る10月6日に第10回目の一燈照隅が開催されました。 15人目となったゲストは30年来窯業に携わっていらっしゃる薬師寺和夫さんでした。 薬師寺さん作品 30年前、窯業を志した19歳の頃から、 50歳を迎える現在に至るまでの時間軸を ご紹介いただきながら、 そ…

肩の力を抜く

物事にはちょうどいいテンションがあるということを最近改めて感じるように心掛けています。 ギターは、テンションを高め過ぎれば弦は切れ、ネックは反り、いい音は出ません。 きつすぎず、ゆるすぎず、適度な丁度いいテンションでなければギター本来の音、…

幸せは足元に眠っている

先日購入した書籍が届いた。 ダイアモンドを探せ ラッセル・コンウェル いわゆる自己啓発本ではあるが、長年愛されている書籍らしい。 当たり前のことを書いてはいるものの、当たり前なことほど忘れてしまいがち。足元に、今いる場所に宝物が眠っているよ。…

まちを変える!ではなく、雰囲気を作っていく

経営コンサルタントとして、実家の家業の経営と佐伯内のクライアント企業の経営を高めていくことと平行して、まちづくり的な活動も実施しています。 最近感じたことを書き残しておこうと思います。 佐伯のまちに対して、自分自身がこれから先の人口減少、少…

積極一貫 、 能力を未来進行形でとらえようと思います。

6月も残り3営業日となりました。 大きなイレギュラーなく今月も終わろうとしています。 6月に入り、慌ただしく日々が過ぎています。この忙しい日々を乗り越えながら、未来に待っている成果を楽しみに苦しい今を乗り越えていこうと思います。 6月を越えれば、…

盛和塾例会

昨日は盛和塾大分第244回の例会でした。 毎月1度、ソウルメイトの皆さまと一緒に フィロソフィを学ぶ場です。 日々の仕事に取り組む中で、少し弱った 自分の心根をしゃきっとフル充電させて いただける場です。 昨晩のテーマは高収益企業である必要性に…

心を高める経営を伸ばす

#心を高める経営を伸ばす かの二宮尊徳も上杉鷹山も地域を改革するにあたっては人心を荒廃から救い出すことを先ず行ったそうです。 そして、心を高めつつ、収入、支出を整理し、分度をわきまえた生活、事業をするように説いています。 時代、フィールドは変…

一燈照隅project file08,09,10

佐伯の若者が一生懸命に生きる姿、声、思い を周りの方にも伝播させながら、佐伯の若者 の勢いやエネルギーをもっと発信、発散させたい という思いから、一燈照隅projectというものを 企画しています。 今回で8~10人目となりますが、どの会も 素晴らしいゲス…

商売人の燃え上がる情熱で 佐伯まちゼミ

昨年2月に実施した佐伯まちゼミから早半年。 8月に第2回まちゼミ実施の手配がほぼ整った。 5月末の参加店締切を以って2代目のまちゼミメンバーが 決まる。 初代メンバーから新規に数名の仲間が増えそうなので 安心と同時に、新しい仲間のみなさんにもしっか…

稲盛さんが経営の要諦を12か条にまとめたものがあります。 経営12か条http://www.kyocera.co.jp/inamori/management/twelve.html この経営12か条の第一番目には『1.事業の目的、意義を明確にする~公明正大で大義名分のある高い目的を立てる』と書か…

経営会議、フィロソフィーの共有

毎月経営者仲間での経営会議を実践中です。 今月で3回目となりますが、先月から京セラ フィロソフィーの輪読も実践し始めました。 始めは受け入れられるか不安もありましたが、 稲盛塾長の魂の言葉は経営者の胸に熱く刺さる ようでした。 今月は12日に経営会…

一燈照隅

情熱を掲げながら、四苦八苦しながら、佐伯のまちで生きている方々がいます。自分の信じる道を突き進む熱量はそれを感じた誰かに勇気を与え、一歩を踏み出すきっかけになると信じています。 佐伯でチャレンジし続ける方々のその熱源をほんの少しだけでも感じ…

一燈照隅

どうにかして、佐伯の熱量を伝えたい、共鳴したい! という思いから始まった一燈照隅PJT。 無事に、2月5日と19日の日曜日に、第一幕が終了。 思っていた以上に皆さんの反応が良かった。 佐伯で、それぞれの一燈を掲げて生きる方たちの 思いと志、苦労などを…

積小為大

毎日の仕事だけにフォーカスを当てると、これがどんな未来に繋がるのか・・・不安になることもありますが、小さなことを積み上げることでしか、大きな事は為しえないという言葉を胸に、コツコツと努力を重ねていきます。 この道が果たしてよいのか悪いのか、…

憧れの人物、目標とする人物

米沢藩の貧窮を根本から改革した上杉鷹山。 人心荒廃が進む地域を農業を軸に再興を成し遂げた二宮尊徳。 名だたる大企業を設立し、500以上の起業を実現させた日本資本主義の父渋沢栄一。 京セラ創業、JAL再興、心の経営を進める稲盛和夫。 憧れるだけでなく…

チームとして心を高める

常日頃から、なるべく心を高めようと読書をしたり、自分との対話を積極的に行ったり、どうにか心を成長させようと様々な角度からアプローチを行っています。稲盛塾長は、経営者とはこの心を高めるためのアクションを一人でやっていても十分ではないとおっし…

AIA研修を終えて、、、謙虚にして驕らず、さらに努力を。

3日間のAIA研修を無事に終えて、空港にて飛行機待ちです。 研修の中で、自分自身の心構えや心癖、固定観念などを改めて認識することができました。人生のおける信念や志なども確認することができました。 私の心の傾向としては、人の長所よりも短所を見つけ…

心を高める~ AIA 心のアドベンチャー

AIAという研修に本日から参加してきます。 AIAとは、「Adventures In Attitudes」の略で、自発的なやる気(内発的意欲)を喚起し、こころの筋肉を鍛え、3つの目標を達成するためにグループディスカッションを通じての学びの場です。 (全30時間、10ラウンド…

考え抜く

新しい商品開発に向けて打合せがありました。 新しいモノを生み出すためには、それに見合った努力が必要です。なかなか出口の見えない議論ではありましたが、この鬱屈とした時間も、新たなモノを生み出すために必要な時間だと言い聞かせながら考え抜く姿勢を…

ジャイアントキリング

地元の佐伯鶴城高校が夏の甲子園、大分県大会で決勝戦に勝ち進みました。大分で強豪とされる明豊高校にコールド勝ちを治め、月曜日の決勝戦に挑むようです。ジャイアントキリング…この言葉が適切かどうかは分かりませんが、明豊高校にコールド勝ちしたという…

高い目標を立て、毎日を全力で生きる

会社と言うものは、低い目標を立てれば低い結果しか得られず、業績を大きく伸ばしていこうとすれば、どうしても高い目標を立てる必要があります。 京セラを立ち上げた当初、稲盛塾長はこうおっしゃっていたようです。 「いまに、京セラをこの原町一の会社に…

佐伯で事業を起こす

同級生の仲間から佐伯で事業を起こしたいという何ともワクワクな話を聞きました。 あらためて周りを見てみると、同世代の仲間が佐伯で事業を展開している例が少なくありません。例を挙げるとNARUMI、coffee5、ドッグサロン1O2、ぱーらーちゃんきー、ZAURA…

誰にも負けない努力をする、努力を極める

人一倍努力をすること、誰にも負けないほど努力をすることがあまり好きではありません。 そう考えている以上、私と言う人格とKONEN corporation.という会社の成長はそこまでです。 平素大変にお世話になっております盛和塾の機関誌に、タイトルに書いた「努…

心のバイオリズム、4月に入り上昇気味

毎年の習性として、2月~3月にかけて一旦心にブレーキがかかる時期に入ることが多いです。仕事にしても、身体にしても、心にしても、この時期は無理をせず、4月が来るのを待つことにしています。 それでも何だかんだ種を蒔いていたおかげもあり、3月4月は人と…